歯周病治療と歯周病の予防

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

歯周病ってどんな病気?

歯周病は恐ろしい病気です

お口の中の細菌が炎症を起こし、歯を支える歯槽骨が壊されていくことで、最終的は歯を失ってしまう原因となる歯周病。現在は成人の約8割が歯周病とされていて、歯を失う原因の第一位です。歯周病の恐ろしさは、痛みなどを感じることなく進行していくことです。気付いた頃には手遅れになってしまっていて、抜歯を余儀なくされたということも少なくありません。そのため、定期検診での早期発見が重要になって来る病気なのです。

歯周病は全身疾患とも関わってきます。

お口の中の病気である歯周病。しかし近年、歯周病が全身にもたらす影響が危惧されています。たとえば、歯周病菌が血管内に入り込むことで、梗塞をつくり、血液の流れが悪くなることで心筋梗塞や動脈硬化などの疾患を引き起こします。当院では、多くの患者さんに、歯周病がさまざま合併症の原因となることを知っていただき、治療の重要性をお話しています。

糖尿病への影響

糖尿病の人は、そうでない人に比べて歯周病にかかるリスクが高いとされています。また、歯周病を治療して歯ぐきの炎症が改善されることによって、血糖値も正常に戻りやすいです。

心疾患への影響

歯周病によってできた歯ぐきの炎症性物質が血流を介して心臓血管に影響を及ぼすことで、心疾患を発症させてしまうとされています。歯周病の症状が重度であるほど、心疾患の発症リスクも高まってしまいます。

早産(低体重児出産)への影響

妊娠中の歯周病は、低体重児や早産の危険性を高めるとされています。理由としては、歯周病になるとそれを抑えようと免疫機能が働きます。免疫機能が歯周病菌を抑えるためにサイトカインという物質を作り出します。しかし、このサイトカインが唾液とともに体内に流れて子宮に到達すると、子宮に刺激を与え、早産を促すきっかけになりやくなります。

誤嚥性肺炎

食べものを食道に流そうとした際に、誤って肺に流してしまうことが、ご高齢者や認知症などの方で多くみられます。その際に唾液中に含まれる歯周病菌が肺に入り込み、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となっています。ご高齢者や認知症、脳血管障害の方など、飲み込みがスムーズにできない場合は特に注意が必要です。

歯周病の治療方法

軽度歯周病の場合

軽度の場合、毎日しっかりと正しい歯磨きをすることや、歯科医院で歯石除去をするだけで改善が見込めます。

中度歯周病の場合

歯周病の症状が進んでしまっている場合には、歯周ポケットの奥に溜まっている汚れをキレイにする外科的な処置や、再生療法で治療を行っていきます。

重度歯周病の場合

重度の歯周病の場合、ほとんどが抜歯になってしまいます。その後はインプラントや入れ歯、ブリッジで欠損を補う治療をします。

歯周病も予防できます

歯科医院での予防方法

歯周病の原因となる汚れを歯科医院にてしっかりと除去し、未然に歯周病を防ぎましょう。当院では、歯科衛生士による歯のクリーニングや、専用の器具を使用した歯石除去をしています。さらに、汚れが多い場合には、ダイナミックフォトセラピーという、光を当てて汚れを分解するレーザー治療も行っています。

ご自宅でできる予防方法

毎日の正しい歯磨きこそ、歯周病を防ぐための一番の予防です。しかし、ただ磨いていても意味がありません。当院では、患者さん一人ひとりの癖をみながら、磨き残しのない歯磨きができるように丁寧なブラッシング指導をさせていただきます。

お口の中が渇いていませんか?~ドライマウスについて~

知らず知らずのうちに口の渇き(ドライマウス)を感じていませんか?

口腔内が乾燥すると・・・

  • 口臭
  • むし歯
  • 歯周病
  • 薄毛
  • 誤嚥性肺炎
  • 心筋梗塞・脳梗塞

など様々な病を引き起こすと言われています。

口腔内が乾燥する(ドライマウス)原因について

人は、年を取る度に唾液の分泌量が減少していきます。
多くは不規則な生活習慣が積み重なっているためと言われています。
その不規則な生活習慣が虫歯菌や歯周病菌を口腔内に増殖させ、唾液の分泌量を減らしているのです。

唾液検査で口腔内が乾燥する原因を追求し、改善していきましょう。

のぶスマイル歯科ではライオンの唾液検査システムを導入し、患者さんひとりひとりの口腔内の状態を把握しています。
口腔内の状態を患者さんにも共有することで日々の生活を一緒に振り返り、規則的な生活を送ることの大切さを感じていただけるかと思います。口腔内のマッサージや、よく噛んで食べる、刺激物は控えるなど、様々な改善指導を患者さんに合わせて行ってまいります。

ラクトフェリンによるドライマウスの改善

ライオンの研究チームにより、LPS(リポポサッカライド)の残存が
歯周病の進行の原因になると明らかにされています。そこでこのLPSを不活性化するのに用いられるのがラクトフェリンです。
ラクトフェリンはLPSによる歯周組織破壊を抑制する力をもっているのです。
当院では、ラクトフェリンが配合された衛生ケア商品も取り扱っております。遠慮なく、受付までお問い合わせください。

のぶスマイル歯科 審美インプラントオフィス川口 e歯医者さんドットコム のぶスマイル歯科ページ 料金表