虫歯治療

contact_tel.pngメールでのお問い合わせ

虫歯が出来る理由からきちんとご説明いたします

なぜ虫歯になるのか?

虫歯は、お口の中のミュータンス菌という細菌が、食べかすなどに含まれる糖分を取り込んで酸を出すことによって出来ます。また、唾液には虫歯菌の出す酸を中和し、歯を守る役割があります。よって、唾液量が少なかったり食べかすを放っておいたり虫歯菌が自由気ままに活動できる口腔内環境であることが虫歯になる原因となります。

※虫歯が出来ると、歯科医院で治療をしなければ自然治癒することがありません。しかし、虫歯の進行具合によっては当院で導入しているドッグベストセメント(自費)で歯を削らずに治療できることもありますので、早期治療をおすすめいたします。

虫歯にならないためにはケアが欠かせません

虫歯にならないためには、正しい食生活や生活習慣を送ることや、虫歯の原因となる甘いものを摂りすぎないこと。そして、毎日しっかりご自宅で歯磨きをすることも大切です。ご自身で取り切れなかった汚れは、定期的に歯科医院にて歯垢や歯石を除去する歯のクリーニングをお受けいただきながら、虫歯を作らないためのケアをしっかりしていきましょう。
※歯垢:歯に付着した細菌の塊。白くてネバネバしたものです。
※歯石:歯垢が固まったもので、歯に付着すると歯ブラシでは落とせません。

ご自身の歯で過ごせることの大切さ

いくら精度の高い人工歯を入れたからといって、天然歯の機能性には及びません。また、虫歯になってしまい一度削った歯は、二度と元に戻りませんし、お口の環境が身体全体の疾患へと影響する事も現代では明らかになっています。
身体全体に影響する疾患の事例:糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化など。
※歯周病菌が血管内に侵入し、血管内に梗塞をつくることから血流が悪くなり、このような疾患に関わっていきます。
そのため、虫歯治療が終わった後は、ずっとご自身の歯で健康に過ごしていただくための予防歯科をおすすめしています。しっかり治療してお口の中が健康な状態になったら、その状態を維持して虫歯を作らないための予防治療に力を入れていきましょう。

治療時に気を付けていること

歯を残す事を第一に考えた治療

当院では、歯を残すための治療に力を入れています。予防歯科で虫歯や歯周病を早期発見し、削らずに済む段階での改善を目指しています。なぜなら、歯を失うことで患者さんが悲しむような目に合うことを避けたいと本気で思っているからです。
また、悪化してしまっている虫歯に関しては、拡大鏡を使用して細かい部分まで正確に処置する根管治療を行っています。再発しないよう、丁寧な処置とケアの仕方についてサポートしています。

痛みを軽減し、リラックスして治療を受けていただく。

歯科治療は痛いというイメージから、来院できずにいるという患者さんは多くいらっしゃいます。そんな患者さんのために当院では、麻酔針を刺す時の痛みを軽減してくれる表面麻酔を使用しています。さらに、麻酔薬をひと肌まで温めたり、極細の麻酔針を使用したり麻酔をする際の痛みにも配慮して治療を行っております。また、気持ちもリラックスした状態で治療を受けていただけるように、院内には空気清浄芳香機(アロマ)を設置しています。患者さんからは、「いい香りがするね」とおっしゃっていただけることがよくあります。

のぶスマイル歯科 審美インプラントオフィス川口 e歯医者さんドットコム のぶスマイル歯科ページ 料金表